レギュラーセッション

Too Many A’s to Indie/インディーゲームにはびこるAクラス

講演形式
レギュラーセッション
講演時間
08月24日(水) 11:20 〜 12:20
講演ルーム
第1会場英語放送
受講スキル

Production Planning, Team Management

制作企画、チームマネジメントに興味のある方

得られる知見

Foster a culture of commitment. Trust your team. Never over plan. It’s not about you.

コミットメント文化を醸成すること。チームを信頼すること。決してオーバープランニングをしないこと。自己中心的にならないこと。

セッションの内容

Hear the perspective of a Producer with over 25 years of experience talk about the most impactful lessons learned in his production journey from AAA franchises like Assassin’s Creed to heavy iron MMORPGS like Dark Age of Camelot and Warhammer Online to his latest new Fantasy Action RPG at an independent studio called Yellow Brick Games.

「アサシン クリード」のようなAAAタイトルや「ダーク・エイジ・オブ・キャメロット」や「Warhammer Online」のような重厚なMMORPG、そしてインディースタジオYellow Brick Gamesの最新のファンタジー・アクションRPGの制作過程で学んだ最も心に残っている教訓について、25年を超える経験を持つプロデューサーの視点をお聞きください。

ジェフ・スカルスキ

Yellow Brick Games

COO and Executive Producer

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

From the moment I played on my uncle’s Intellivision to the first time I jumped on a Goomba, the idea of creating worlds for players to escape to fascinated me.

I went to college at the Maryland Institute College of Art with a major in illustration in ’96 and almost immediately fell into my first art internship at an old school PC company called MicroProse. From that moment on it’s been a wild, amazing, and humbling ride to where I am at today. I’ve been lucky to have had the chance to learn so much from so many and for that I will always be grateful.

My hobby and work tend to blend together, as I love playing games just as much as I love making them. My favorite franchises of all time would be Final Fantasy, The Legend of Zelda, and Monster Hunter. If not playing video games, I’m playing boardgames with friends and family, painting figures, snowboarding (we have long winters here in Quebec) and from time to time picking up my sketchbook to never forget my past.


叔父が持っていたゲーム機のインテレビジョンで遊んだときや、クリボーを初めて踏み潰したときから今に至るまで、プレイヤーが没頭することができる世界を作るというアイデアに魅了されてきました。

1996年からメリーランド・インスティテュート・カレッジ・オブ・アートでイラストレーションを専攻し、進学後すぐにマイクロプローズという老舗のパソコン会社で最初のアート・インターンシップを始めました。そのときから、山あり谷ありの素晴らしい道のりを歩んできました。幸運にも、これまでたくさんの人から多くのことを学ぶ機会に恵まれ、そのことにいつも感謝しています。

私の場合、ゲームを作るのと同じくらい遊ぶのも好きなので、仕事が趣味を兼ねているようなものです。好きなゲームは「ファイナルファンタジー」、「ゼルダの伝説」、「モンスターハンター」のシリーズです。ゲームをしていないときは、友人や家族とボードゲームをしたり、フィギュアの塗装をしたり、ケベックの長い冬をスノーボードをして過ごしたり、時々スケッチブックを手に取っては過去を思い出したりしています。

<受講者へのメッセージ>

Thank you for the opportunity to attend this event. It’s an honor to be around so many that have inspired me through their work and craft. If my contribution and sharing of what I’ve learned from producing everything from indie to AAA games helps you and your teams in any way then my quest is complete.

I firmly believe our best years in this industry are still in front of us and I can’t wait to explore the next new worlds together.

このイベントに参加する機会をいただけたことに感謝しています。また、作品を通して私にインスピレーションを与えてくれた多くの方々とご一緒できることを光栄に思います。インディーゲームからAAAゲームまで、多くのゲームをプロデュースしてきた過程で学んだことをお伝えすることで、少しでも皆さんや皆さんのチームのお役に立つことができれば、私は"クエストをコンプリート"したことになります。

この業界の最高潮はまだ先にあると私は確信しています。それで、この先の新しい世界を皆さんと一緒に冒険するのが楽しみでなりません。
閉じる