ショートセッション

1日10億件のモバイルゲームのログをログ分析基盤で低コストで運用した話

対象プラットフォーム:モバイル
講演形式
ショートセッション
講演時間
08月25日(木) 15:20 〜 15:45
講演ルーム
第2会場
受講スキル

・これからBigQueryなどのデータ基盤を導入しようとしている方

・データ基盤やBIツールなどの費用を削減したいと思っている方

・大量のデータを処理するシステム構成に興味のある方

得られる知見

・BigQueryを用いたログ分析基盤(DWH、データパイプライン、BIツール)のアーキテクチャ

・低コストでのログ分析基盤の運用方法

・データの活用方法とその結果

・大量のデータを捌くのに苦労したことなど

セッションの内容

昨今、IoTやビッグデータ活用が叫ばれていますが、

データを活用するためには、事前に必要なデータを収集して蓄積させる必要があります。

また、データを蓄積すると費用がかかり、データの活用結果と見比べても、

費用的に見合わないことも多々あると思います。

その対策の一つとして、あらかじめ、維持費を安く・分析し易いように

データ基盤を構築しておくことも必要になります。

本セッションでは、WFSで運用しているログ分析基盤を題材として、

BigQueryを使ったDWH、データパイプライン・BIツールを構築した事例をご紹介します。

WFSで開発した複数のゲームタイトルにて(ヘブンバーンズレッド、転スラ まおりゅう)、

1日10億件のログをELTのデータパイプラインで処理して、低コストで実現しています。

BigQueryの運用事例は多数あると思いますが、

大規模ゲームタイトルの大量のデータを捌くのに苦労したことや、得られた知見も共有いたします!

郡司 匡弘

株式会社WFS

Studio本部 / Technology Development部 / PF Engineeringグループ / Data Platformチーム

マネージャー・シニアデータエンジニア

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

略歴
大手SIerや通信会社を経て、2015年にグリー入社。
スマートフォンゲームの共通基盤(課金・認証)のエンジニアとして、
iOS/Android向けのSDKやバックグラウンドシステムの開発運用を担当。
AIチャットボットのシステム設計/実装を担当。
ファンコミュニティサービスのFanbeatsの開発責任者を担当。
マーケティングデータ基盤やゲームのログ分析基盤の開発責任者を担当。

講演実績
CEDEC2018で「モバイルゲームのお問い合わせ対応にてAIチャットボットを導入してお問い合わせ件数を約20%削減した話」を題材に登壇。

<受講者へのメッセージ>

昨今、IoTやビッグデータ活用が叫ばれていますが、
データを活用するためには、事前に必要なデータを収集して蓄積させる必要があります。
また、データを蓄積すると費用がかかり、データの活用結果と見比べても、
費用的に見合わないことも多々あると思います。
その対策の一つとして、あらかじめ、維持費を安く・分析し易いように
データ基盤を構築しておくことも必要になります。

本セッションでは、WFSで運用しているログ分析基盤を題材として、
BigQueryを使ったDWH、データパイプライン・BIツールを構築した事例をご紹介します。

WFSで開発した複数のゲームタイトルにて(ヘブンバーンズレッド、転スラ まおりゅう)、
1日10億件のログをELTのデータパイプラインで処理して、低コストで実現しています。
BigQueryの運用事例は多数あると思いますが、
大規模ゲームタイトルの大量のデータを捌くのに苦労したことや、得られた知見も共有いたします!
閉じる